出会い系でもTwitterやFacebook教えてくれる人は安全!

MENU

出会い系でもTwitterやFacebook教えてくれる人は安全!

「神奈川県横浜市 25歳 会社員 女性 R.Y」

 

トラブルに遭ってからメル友を審査してる

小学校から大学までの約16年間、ずっと地元の公立学校で育ってきた私。さすがに大学は県外から来る学生も多かったんですが、気が付くと周りは幼馴染や昔からの顔見知りばかり。

 

もちろん人並みに恋愛は経験してきましたが、それと同じように周囲で繰り広げられる男女のいざこざや「実はあの人…」なんて噂を聞くと、新しい恋愛へ1歩を踏み出すのが億劫になってしまうんですよね。

 

新しい恋人が友達の元彼だった…なんてできれば避けたいじゃないですか。そんな理由もあり、また大学で一時的に流行ったこともあって、実は出会い系は結構早いうちから利用してました。

 

出会い系というとどうしても不純なイメージがつきまといますが、そこで知り合った人と真剣なお付き合いに発展したことも何度もありましたよ。

 

ただまったくの他人同士がネット上で関係を深めるわけですから、もちろん健全で安全なものばかりじゃありません。

 

実は私も、過去出会い系で知り合った人と、何度かトラブルになったことがあって…。

 

特に私から一目ぼれしてしまった6歳上の社会人とは結婚の話まで出てたのに、そのうちデートの度にお金を要求されるようになってしまったことがあります。

 

最初は財布を忘れたなどと、ささいな理由で数千円で済んでいたんですが、車が故障しただの、スマホをなくしただので、だんだん金額がアップしていきました。

 

さすがにおかしいと友達数人を巻き込んで問い詰めたら、その夜から音信不通に。

 

後で知り合いから聞いたところによると、結婚詐欺師みたいで、私の他に数人の女性からもお金を無心していたみたいです。

 

気が付くと稼いだバイト代のほとんどを彼に貢いでいるような状態で…恋は盲目とはよくいったものですが、私もバカでしたね。

 

そんな一件があってからも、なかなか出会い系自体は止められなかったんですが、実際に会う時は、自分の中で相手を審査してからにしています。

 

メル友段階なら相手が欲しい言葉をいくらでもかけられたり、ハッキリ言って自分の良いところしか見せようとしませんからね。

 

相手の本性をまったく知らない段階で会うのは、やはりリスクが高いと感じます。

 

特に女子の場合は、危険に巻き込まれる可能性も高くなってしまうので、ハマる前にじっくり相手を「吟味」したほうが良いですよね。

 

トークで見抜くのは私の頭では無理

といっても、顔も何も知らないメル友の素性を見極めるのはやはり難しいものがあります。

 

特にメールだけでお互いやり取りしている段階では、どうしても相手の一言一言を良い意味にとらえがちです。

 

お互い別に騙すつもりがなくても、自分を誇張して伝えてしまう…一種のフィルターがかかっているんですよね。

 

そんな状態で相手の本性を見抜くのは、よほど違和感でもない限り、無理なことかもしれません。

 

ましてや心理学なんてかじったこともないし、小学校から中の下で成績で生きてきた私には特にそうです。

 

そこでおすすめしたいのは、メールで判断しようとせずに、色んな方向から彼の素性を見極めるという方法です。

 

SNSが当たり前の時代だからこそ、この便利なツールを利用しない手は無いですよね?

 

Twitterのよくつぶやくアカウントを教えてもらう

特に幅広い年齢層に支持されているTwitter。かの話題のアメリカ大統領までもつぶやいている時代、私の周りでも利用していない子なんてまず聞いたことがありません。

 

思いきってメル友の彼に「Twitterのよくつぶやくアカウント」を教えてもらいましょう。

 

Twitterは本垢、裏垢など複数のアカウントを持つことができるようになっていて、リアルで喋れない内容を裏アカウントでつぶやくという人も普通に多いです。

 

彼にはあえて「最も利用頻度の高いアカウント」をたずねると良いでしょう。

 

さすがに本音ダダ洩れの裏アカウントを教えてくれる人は少ないのかもしれませんが、彼が頻繁にどんなことをつぶやいているのかチェックするだけで、ある程度人となりを判断も出来ると思います。

 

あなたの突然のお願いにもひるむことなく、サラッとアカウントを教えてくれるようであれば、やましいことが少ない証拠だといえそうですね。

 

私のはサブアカウントを教えている

あなたが彼のアカウントを聞き出した時点で、「フォローするから君のも教えて」と言われるのがまあ、自然な流れですよね。人のだけ聞いておいて自分は教えない…なんてあなたの信用問題にもかかわりますから、ここは躊躇せず教えることです。

 

ちなみに私の場合は、サブアカウントを教えています。よくつぶやく裏アカウントは昔から繋がっている地元友達が多く、本音が許される関係だけに内容も過激です。

 

それにフォロワーには元彼や昔のセフレもいるので、変に誤解させたくないじゃないですか。今の会社の同僚が多く女子トークが中心のサブアカウントを教えるのが、私にとっては「最善策」です。

 

出会い系ヤッてるのをお互いに晒せる状態にするといい

出会い系で知り合ったといっても、お互いがどれくらいの頻度でやってるかなど、詳細はなかなか分かりませんよね。

 

それをあえてオープンにすると、お互いの目的や人間性も見えてきます。メル友が現在こまめに連絡を取り合っている相手は、あなただけとは限りませんからね。

 

例えば彼のアカウントにヤリモク女性がやたら集中しているようなら、彼が過去そういう目的で出会い系を頻繁に利用していた可能性も考えています。

 

でも、あなたに対してはそうではないかもしれませんし、それ以前に要求に素直に応じてくれるとしたら、信用度も高い相手と思っています。

 

もちろんあなたも支障の出ない範囲で、状況を教えるのがマナーですよね。

 

お互いに隠したいことだから腹の探り合い

そうは言っても、自分の情報を教えてしまうことで、色々と不利になることも出てきます。

 

特定の恋人がいない状態で、本命を探しつつ不特定多数と気軽に遊びたい人は、なおさらですよね。

 

お互いメル友に対する気持ちが不十分の状態では、なるべくやましいことは隠して自分の取柄だけを見せたいはず。

 

相手のことは全部知りたいけど、自分の不都合は隠し通したい…ずるいかもしれませんが、それが人間心理ではないかと思うのです。

 

相手の情報を引き出すのは、ある程度メル友期間が長くなってからにしています。

 

最初から根掘り葉掘り聞かれたら誰だって警戒するのが普通で、ある程度仲良くなってからの方がお互い信頼関係がある程度成り立っている分、気も許すようになりますからね。

 

お互い腹の探り合いに発展するのは仕方ないのですが、本当に大事な情報はオブラートに包むなどを心がけています。

 

顔出しFacebookを教えてくれる人はほぼ安全

実名での登録が原則とされるFacebook。アカウントを複数持つことができるTwitterなどと違って、相手のより正確な情報が得られるツールとしておすすめです。

 

もちろん中には偽名を使って登録している人もいますが、名前に加えて顔出しの写真、出身地などがきちんと記載されていてなおかつ頻繁に更新されているような場合は、ほぼ安全だと思っています。

 

メル友の発言とFacebookの内容にズレがないか、チェックするのも忘れないようにしています。

 

Facebookでは、彼のリアルな人間関係も一目瞭然で、更新内容やコメントのやり取りなどで「怪しい」か「そうでない」かくらいは、何となく判断できるようになりました。

 

顔出しFacebookを教えるということはリアルな自分の状況をさらすということなので、当然リスクも上がります。

 

それを躊躇することなく教えてくれる相手は、それだけ安全だと考えています。

 

基本秘密厳守は出会い系やる人の暗黙の絶対ルール

メル友とはいえ、一応双方の間では人間関係が成り立っています。

 

たとえヤリモクなど不純な目的で出会い系を利用していたとしても、相手から得た情報は他に漏らさないのが最低限のルールだと思います。

 

誰と誰がどこで繋がっているか分からず、何でもかんでもベラベラ喋る人との噂が広がってしまったら、私の信用も地に落ちてしまうので、それは避けています。

 

もちろん不純なものも多いですが、出会い系で一生の伴侶や友達と出会えることもあると思っています。

 

心を許してくれた相手の好意を、仇で返すような行為はしないようにしています。しっかりと相手を見極めて、良い出会いへと繋げられるように、アプリを上手に使っていきたいと思います。

 

ハッピーメール

 

恋人も大人な関係も探せる

↓↓↓↓↓

公式サイト