出会い系でもFacebookでつながれる人なら比較的大丈夫!

MENU

出会い系でもFacebookでつながれる人なら比較的大丈夫!

「東京都文京区 25歳 会社員 女性 A.K」

 

出会い系をフル活用!実際に安全な出会いを楽しんでる経験談

中学・高校と県外の女子校で育った私。女子校というと、おしとやかなお嬢様の集まり…そんなイメージが世間一般にはあるみたいですが、そういうのは多分ほんの一部(笑)。

 

少なくとも私が通っていた学校では、男子の目がない分、皆かなり自由奔放でした。

 

素敵な男の子と付き合ってリア充したい!という願望はあるものの、バイトも禁止されているものだから出会いなんてほぼ皆無…顔の広い女友達がたまに開催してくれる食事会とは名ばかりのコンパが唯一の楽しみでしたね。

 

とはいえ、中にはかなりませた女友達も当然いるわけで、実は「出会い系」の情報も彼女たちから入手したのです。

 

中には歳をごまかして出会い系で知り合った男の子とデートしてる子もいましたが、さすがに私にはそんな勇気はなくて…。

 

それでも彼女たちの口から語られる、オトナな体験談を肴にしての妄想は、かなり楽しかったものです(笑)。

 

そんな私でしたが、大学入学とともについに出会い系デビュー!(笑)

 

出会い系のメリットやデメリットは女子校時代から散々聞かされていましたから、メル友の段階でどれだけ感触が良くても、会う人はちゃんと吟味するようにしています。

 

特に女子にとっては不純、危険…といったイメージがどうしても付きまとう出会い系。しかし、ちゃんとルールを決めて会うようにしたら怖い思いをすることも少なく、新しい出会いを広げるチャンスにも繋がるものと思います。

 

現に私は出会い系をフル活用して、新しい人間関係を作るツールとして重宝させてもらっています。何といっても大学やバイト関係だけでは出会えない人と出会えるのが、出会い系の最大の魅力です。

 

イメージだけで怖い!不純!と決めつけてしまうのはあまりにも勿体ない話。しっかりと自分の身を守り、出会い系を上手に使って、新しい出会いのチャンスを楽しみたいものですね。

 

出会い系でもヤリモクはNG|友達だけ増やすのが目的

出会い系というと、最もポピュラーなのが恋人探し目的ですが、それと同時にヤリモクで利用している人も男女問わず多いのが現実です。

 

実際私が初めて登録した時も、ごくごく真面目なプロフィールにもかかわらず、チャラいお誘いが山のように届いたのにはうんざりでした。

 

出会い系で彼氏やセフレを探すのはさすがにハードルが高くて(この頃は共学の大学生活を満喫していたこともあって、彼氏候補には不自由していませんでしたし…笑)、私が出会い系を利用する目的は、ほぼほぼ友達探しでした。

 

幅広いジャンル、年代の人が集まる出会い系、大学に通っているだけでは出会えない「面白い人脈」を作るのには最適でしたね。

 

友達が紹介してくれた友達とカップルになることもあるので、出会い系での縁はなかなか侮れません。

 

一時的な出会いをイメージされやすい出会い系ですが、実際に私はそこで知り合った何人もの友達や元カレと、現在も良い交友を続けています

 

Facebookの本アカウントを交換する|私のは実はサブ垢ですが…

そうはいっても出会い系はやっぱり怖い…特に女子なら警戒してしまうのはごく自然なことですよね。

 

そんな時に私が実践したのは、相手のFacebookの本アカウントを聞き出すこと!本名での登録が大前提のFacebookは、それだけ信用度が高いSNSツールだといえます。

 

その人のリアルな経歴や人間関係が明らかになるので、普通やましい気持ちを持った相手にはできれば隠しておきたいもの。

 

つまりFacebookの本アカウントを躊躇なく教えてくれるような相手であれば、それだけ信用度も高いということになりますよね。

 

教えてくれるか否かは別にして、私はその時の相手の反応を見てから実際に会うかを判断しています。「ちょっとそれは…」と渋る人や、返信までに1日以上かかる人ならまずアウトですね。

 

もちろん相手のアカウントを教えてもらうということは、同時にこちらも明かしておくというのが暗黙のルール。

 

しかし私の場合、相手に教えてるのは実はサブアカウントなんです。さすがに会ったこともない相手に、自分のリアルをさらけ出すのはリスクが高すぎますからね。

 

特に女子は自分の身を守って、上手く出会い系を利用しないといけないですからね。

 

第一印象は変なおじさん?でも会ってみたら意外とまともで驚き

「女子大生」のブランドはやっぱり別格なのか、20歳そこそこの頃は出会い系の中でもモテモテだった私です。

 

毎日何十通ものお誘いメールが届いて、全部に目を通すだけでも大変でした。もちろん基本的には同世代の男の子からのメールが多かったんですが、1/4くらいは40~50代くらいのおじさん。

 

お父さんくらいの年齢のおじさんからの甘いセリフは、正直ドン引きでしたが、意外とちゃんと仕事を真面目にされている方が多くて。これが流行りのパパ活?とちょっと警戒しながらもメールをやり取りしていました。

 

中でも印象的だったのが、登録わずか2日めから毎日のようにメールを送ってくれた当時46歳のNさん。

 

何が面白いかって、毎回メールに自作のポエムを添付してくるんです(笑)。

 

聞くと若い頃はミュージシャンを目指していたらしく、私のことを想うと詩にしたためられずにはいられないとかで。

 

これいつの時代の恋愛ドラマのセリフ?みたいなクサイものもたくさんありましたが、とにかく一生懸命なので、だんだん情が湧いてきてしまって…

 

ランチだけ、という約束で休講の日に会うことになりました。会ってみると確かにおじさんはおじさんですが、スーツも似合ってたし清潔な雰囲気で少し意外でしたね。

 

会うまで正直、ミュージシャンかぶれの大人げない変なおじさんが現れるものだとばかり思っていました(笑)。

 

驚いたことに彼は製造関係の会社の取締役らしくて、ランチしている間も仕事の電話がしょっちゅうかかってきて忙しそうでしたね。いい意味でメールとのギャップが衝撃でした。

 

そのおじさんとは今もいいお友達。たまにごはんに連れて行ってもらって、色々ためになるお話を聞きながら社会勉強させてもらっています。

 

もちろん体の関係は一切ないですし、パパ活もしていませんよ!

 

要注意!女子の私にわざわざ私に近寄ってくるおばさんには気を付けて

出会い系というと普通は男女の出会いをイメージするものですが、私にメールをくれた人の中にはほんの少しですが女性もいました。

 

ある人は最初男性を装って私にメールをくれて、こちらもそのつもりで返信していたんです。ある程度仲良くなったところで向こうから「実は私…」と衝撃の告白。なんと私より20歳近く年上のおばさんだったんです!

 

確かにそれまでのメールの内容も美容系やファッションの話なんかが多くて、男の子なのに女が喜ぶ話のツボをよく知っているな…なんてひそかに感心していたんです。

 

正体を明かされた時はさすがに警戒しましたが、同じ女性だしとのことで、そのまましばらくメールを続けていました。

 

そしたらだんだん、ご自身が使っている美顔器やエステの話が増え始めて。詳しく説明したいから一度会ってみない?と言われた時は、さすがに勧誘目的だなと直感しましたね。

 

もちろんそのおばさんのメールは即ブロック、それ以降は一切関わっていません。

 

わざわざ出会い系まで使って若い女性に近づいてくるおばさんには、やはり裏があることも多いです。

 

同じ女性だからといって気を抜くことなく、少し危機感を持って付き合いましょう。

 

勧誘系が多いのも出会い系…9割がアムウェイやニュースキン関係

上手に使うといい縁もたくさんある出会い系ですが、もちろん関わりたくない人と出会ってしまうこともあります。

 

そのうちの1つが勧誘系。勧誘を目的に声をかけてくる人は大抵口が上手く「良い人」に見えることが多いので、油断しているとたちまち相手の口車に乗せられてしまいます

 

気が付くと会話が相手のペースになっている、自己啓発や美容系の話がやたら多いなど少しでも疑問に感じたら、相手との距離が必要だって思いました。

 

特に相手が女性だと同性同士だから…と安心してしまいがちですが、そもそも出会い系に登録しているのにわざわざ同性に声をかけてくること自体おかしな話ですよね?

 

アムウェイやニュースキンといったマルチ商法関連の勧誘が多いのが現状なので、必要以上に関わらないようにしなくちゃ!

 

ここだけの話…2人だけレズっ気がある人がいた|もちろん今はフツーの女友達

出会い系でおばさんに勧誘された経験があると書きましたが、実は何人か同年代の女の子とやり取りしたこともあります。

 

私は自分のプロフィールに、インディーズアーティストのライブ鑑賞が趣味だと載せていて。それに興味を持ってくれたという都内の女の子が、わざわざ連絡をくれたんです。

 

もちろんおばさんのことがあったので最初は警戒して、メールも必要最低限で返していました。

 

でもその子の話は本当に趣味がメインで、ツボはぴったりだわ話は楽しいわで、たちまち意気投合。住んでいる場所も比較的近いということで、とりあえず飲みに行く約束をしました。

 

実際会ってみるとロングヘアーの黒髪&キリリとした目元が印象的な、存在感抜群の美人!ハイボールをイッキ飲みしちゃうとこもとにかくカッコよくて、下手な男との出会いより貴重かも!と純粋に女子会を楽しんでいました。

 

ところがお酒が回ってくるにつれ彼女との距離がだんだん近くなっていって…可愛い、って耳元で囁かれたり、口移しでカクテルを飲まされたりして(笑)。

 

彼女はそんな酔っているようには見えなかったんですけどね。女の子は友達同士でベタベタしあうことも珍しくないし、なんせ美人の彼女が相手だったので本音をいうとちょっとドキドキしました。

 

実はもう1人、バイを公言している女の子に迫られたこともあって…私って女の子もイケるように見えるの!?と少し複雑な気分でしたね。

 

もちろん今は2人ともいい友達関係です。最初こそヒヤヒヤしましたが、今となっては笑い話で、ステキな2人に出会わせてくれた出会い系に感謝です。

 

TwitterでもInstagramでも繋がれたらOK!リアルを教えてくれる人は比較的安全

誰だってそうだと思いますが、実際に顔も見たことのない相手に自分のリアルをさらすってやっぱり勇気がいりますよね。

 

ましてや心の奥底に相手に対するやましい感情があったり、相手に良く思われたいばかりに自分を誇張して見せているのならなおさらです。

 

メールだけの関係なら、相手のイメージ通りに自分を演出することなんて簡単ですから。だからこそFacebookはもちろん、TwitterやInstagramなどのSNSツールはかなり有効です。

 

自分の「素」を出し惜しみしない人はそれだけ安全で、同時にあなたのことをある程度真剣に考えてくれている証拠です。

 

だからといって、こちらの情報を何もかも公開するのはオススメできませんが、相手を見極めるものさしとしてはとても有効な方法みたいですね。

 

ハッピーメール

 

まじめな出会いを探せる場所

↓↓↓↓↓

公式サイト