最初のデートがいきなりランチだったらちょっと警戒

MENU

最初のデートがいきなりランチだったらちょっと警戒

「大阪府大阪市 K.S 28歳」

 

最初の顔合わせは短時間で大丈夫

僕は恋活アプリを始めて約1年のごくごく普通の会社員です。

 

ただ職場は車の販売会社なので、あまり女性との出会いがない上、僕自身女性慣れしていない事もあってか、恋活アプリ内ではまだ「この人だ!」と思うような人には出会っていません

 

正直話しが合ったら、ルックスや多少の年齢は気にしないのですが、やはり恋活アプリで気が合う人を見つけるなんて難しいのか…と思ってしまっております。

 

しかし1年も恋活アプリをしているという事もあり、色んなタイプの女性と知り合い、たくさんの話ができたことは僕にとっては「いい勉強」になっており、そういった面でも恋活アプリはダメ、とは思いません。

 

実際恋活アプリで結婚まで至ったカップルもいるみたいだし。今回はそんな僕が実際に色んな女性との顔合わせした際の、初対面での体験談を書いてみようと思います。

 

基本、最初の顔合わせは短時間が鉄則です。何故なのかをご説明していきます。これから恋活アプリをしようと考えている方々のお役に立てたら嬉しいです。

 

顔合わせの目的はお互い会って雰囲気を感じること

 

まずは恋活アプリからお互いメッセージのやり取りをすることになった際、インスピレーションで「会ってみたいな」と思ったら、素直に「会いませんか?」とここは男からのアピールが大事だと思います。

 

もちろん女性からのお誘いもありなのですが、僕自身の経験上、女性からのお誘いは9割方「何かあるのでは?」と疑っていくべしだと思っております。(これは後ほど)

 

ちなみに実際会うことを「顔合わせ」と言っていますが、顔合わせの時に「付き合えるか?結婚までいくのか?」なんて分かりません。

 

基本顔合わせというのはおおまかで良いので、相手がどんな感じの人なのかを感じ取る場でもあります。

 

そのため、よほど「無理、二度と会いたくない」と生理的に受けつけない限り、最低でも数回は会うと良いでしょう。でないと本当にその人の事なんて絶対分かりませんよ?

 

初めての顔合わせの時は、多少背伸びをしてもいいですが、会う回数を重ねるごとに「自分はこんな人間なんだ」という事を分かってもらうことを意識して、会っていくと良いでしょう。

 

女性の場合、基本警戒している人が多いです。出会い系だからといっても、誰でもすぐにヤレるわけではないのです。

 

仮にすぐに体を許す女性は、色んな所でも同じような事をしている可能性があるため、僕は病気の心配をしますけどね(笑)

 

最初からランチは重すぎ|お茶くらいならあり

初めての顔合わせの時に注意したいことが、いきなりご飯ではなく、まずはお茶ぐらいからが望ましいのかも知れません。

 

男なら誰しも会うとなったら晩ごはんがてらに酒を飲んで・・・と考えがちですが、よく考えてください。

 

いくらメッセージ交換をしているとはいえ、初対面からいきなりご飯は少々ハードルが高いです。

 

女性も「もし気が合わないと思ったら帰りづらいな」と思い、中々「ご飯でも行きましょう」にOKしない人もいるのです。

 

たくさんの女性と会いたいのなら、女性に逃げ道を作る意味でも「軽くお茶でもどうですか?」から入ってみるとほとんど方が「お茶だけなら」となるので。お茶の誘いを断る人は多分会う気がないので、次に進みましょう。

 

初対面の挨拶は記載プロフ関係なく話すべき

 

そしていよいよ顔合わせができる事になった際の注意点として、いくら恋活アプリ内でいろんな話をしてきたからといって、初対面の人に慣れなれしくしないことには気をつけていました。

 

女性は思いのほか男のしぐさや話し方を見ていると思います。まずは基本中の基本、「初めまして」から入って、失礼のない態度をとるようにしています。

 

そして、本当にお茶だけにして帰るようにしています。もしかしたら、そのままホテルへ行っても盛り上がるのかもしれません。しかし以後、真剣交際を考えるのであれば、なおさら次の約束をして帰るべきだと思っています。

 

個人的には急にランチする人は地雷

恋活アプリを1年やってきた僕個人の経験なのですが、初めは右も左も分からないままアプリ登録をし、たまたまメッセージが長く続いた女性がいたので、思い切ってランチに誘った事があるんです。

 

ランチくらいは気軽にできるかな?と思っていたのですが、いざランチで顔合わせをした際、自分好みじゃない女性だったことや、勧誘してくる人もいたりして、僕自身逃げ道を失ったことがあるのです。

 

写真と実物が違う、なんてことは日常茶飯事です(笑)

 

もちろん単なる遊び感覚で登録している人にとっては、ランチからのお楽しみもあるのかもしれませんが、僕は下心全開ではないので…。

 

MLMに誘ってくる人もいる

 

恋活アプリで気を付けないといけないタイプがいくつかあるのですが、そのタイプのひとつがMLMいわゆるねずみ講に誘ってくる人です。

 

僕も2回ほどランチからのお茶で長い長い勧誘を受けました(涙)基本、MLMをしている人の特徴としては、相手から誘っている確率が高いです。

 

それとプロフの写真では自信たっぷりな表情に、リア充感たっぷりの雰囲気をかもし出しています。

 

初めの頃は、こういった人が勧誘目的で登録しているなんて思ってもいなかったので、今となってはいい勉強のひとつです。

 

綺麗なお姉さんが、そんなに簡単に僕を誘うわけないんですよね~。よく考えた分かることなのに…。

 

ただ、MLMに誘ってくる人は案外多いです。最近ではプロフでは判断できない人もたくさんいて、長いことメッセージのやり取りをしても、誘ってこない人もいます。

 

しかし、油断していざ会うと、「尊敬している人っている?」「今のお給料で満足してる?」「夢ってない?」「あなたにだけ教えるとっておきの投資方法があるんだけど話だけでも聞いてみない?」などなど…。

 

この会話で首を縦に振ると、ほぼ「近くに尊敬できる先輩がいるみたいなの、呼んでもいい??」となります。

 

まぁ近くにいると言うか待機している、が正しいのでしょう。ハッキリNoと言えない人は「尊敬してる人はいるのか?」「とっておきの投資話がある」などの勧誘を疑う話をしてきた人に対して「興味ないから」と言って、しっかりと予防線を張ることにしました。

 

そういった事もあり、僕は初回の顔合わせの際は、お茶のみまでに限定しています。

 

コミュ力が高すぎる人は業者の可能性も

 

MLMもそうですが、コミュ力が高すぎる人も要注意です。もしかすると業者の可能性があるからです。

 

前にあまりに全然会えない事に一度恋活アプリを退会しようかと悩んでしたときに会えた女性です。

 

相手のプロフを見ると20代前半のインストラクターとなっており、写真もスタイルが綺麗でいかにも男には困っていないのでは?と思っていたものです。

 

僕のプロフに興味があると、僕の仕事のことで話が盛り上がり、向こうから「会ってみたい」とアピールは来ましたが、実際「会いますか」となると、中々日が決まらず無駄にメールだけが続く日々でした。

 

今思うと業者だったのだと思います。しかし、言葉巧みにメッセージが来て、自分から切るにはおしいような気になってくるので、ズルズルとメッセージだけで半年という時間を費やした過去があります。

 

メッセージの内容としては「こんな私のことをわかってくれるのはあなただけかも」「会えばきっと私たち気が合うだろうね」など、とにかく僕のことを気に入ってはいるが、仕事が忙しくて会えないのがくやしい、的なメッセージを送ってくるのです。

 

業者かな?とすぐに気付けるのですが、恋活アプリ初心者や、退会を考えているときにこんなメッセージが来たらついもう少し続けてみようかな、となるのです。

 

僕もハッキリと言えない性格なのが悪いのですが…

 

コミュ力ある人は恋活アプリ使わない可能性

 

僕の恋活アプリの体験を通して思ったことは、コミュ力のある人は基本恋活アプリなんて使わず、合コンや出会いの場で、すぐ相手が見つかるのでは?と思います。これは男性も同じだと思います。

 

正直、恋活アプリの大半は「出会いがない・モテない男女の集まり」なのでは?と少しへこんでしまいそうな結論に達しますが、決してそうでもないのも事実なのです。

 

容姿が良くても今の世の中、出会いがなくて恋活アプリをしている人も増えているようです。要はどれだけ自分で経験を積むか、なのですよね。

 

こんな僕ですが、まだ結婚には焦っていないのが幸いしていて、この恋活アプリでじっくり勉強させてもらっています。

 

ミントC!Jメール

 

メールから始まった恋活

↓↓↓↓↓

公式サイト