毎回スポーツデートする彼との馴れ初めは恋活アプリ

MENU

毎回スポーツデートする彼との馴れ初めは恋活アプリ

「東京都世田谷区 29歳 契約社員 女性Y.O」

 

結婚を意識していた彼との破局を経験して、三十路目前になった私。結婚への意識がぷつりと途絶えたせいで、しばらく結婚はいいかなあとは思うものの…ずっと彼がいた安心感が急になくなってしまって寂しい

 

婚活ってほどガツガツもしたくないし…そんな風に悩んでいるとき、ふと目に留まったのが恋活アプリでした。

 

恋活アプリは恋がしたい人が集まるものだろうけど、始まった恋がそのままゴールインする事だって可能性0じゃない!

 

今は婚活より私に向いているのは恋活だ!猪突猛進な私は早速アプリをダウンロードして、恋活をスタートしました。

 

スポーツ好きな彼と恋活アプリで出会った

恋活アプリをダウンロードしてから3ヶ月ほどたって、私には無事に彼氏が出来ていました!お相手は2歳年下で、スポーツインストラクターをしています。

 

仕事でもプライベートでもとにかくスポーツと呼べるものが大好きで、体つきもソフトマッチョ、年下ですがそれを感じさせない芯のあるタイプで、子供がそのまま大人になったような、特にスポーツに対しては沢山の好奇心を持ち合わせている人です。

 

彼との出会いはもちろん恋活アプリ。彼はたくさん人と巡り合う機会はあるものの、真面目な性格ゆえに、お客さんと恋愛関係になる訳にもいかないと、全く仕事とは関係のない恋活アプリを始めたそうです。

 

プロフィールも自己PRも、けして上手に書かれている訳じゃありませんでした。勢いとフレッシュな性格がそのまま現れているみたいに「!!」が文中にとにかく多くて笑ってしまうくらい。

 

でも飾りっ気のないその自己紹介を見て、読み終わる頃には私はもう彼に会ってみたくなっていました

 

最初は恋活で会ってテニスで遊んだ

彼にメッセージを送ってみると、すぐに返信が届きました。そこでもやっぱり目立つのは「!!」の数。もしかしたら一緒にいるとちょっと暑苦しくなるかな?なんて苦笑いもしたのですが、なんだかんだやり取りは続きました。

 

やり取りを続けるうちに彼からの「!」マークの使用も段々と落ち着いてきて、彼も慣れてきてくれたのだという事がわかり、嬉しくなりました。そしてその頃、彼と初めて会う約束を交わしたのです。

 

彼との初デートはなんと、テニス!私がテニス部だったなんて話をしていたところから「ぜひテニスしましょう!」なんて話が広がっていったのがキッカケです。

 

お食事や顔合わせ的なものではなく、初対面でまさかの本気テニス。休憩の合間にお互いの事を話す感じでしたが、肩に力を入れないこのスタイルが、私達にはとってもしっくりきたのです。

 

テニスをして汗を流して、その後は居酒屋に駆け込んで、キンキンに冷えたビールをぶつけ合いました。

 

お洒落とは程遠い立ち飲み屋さんをハシゴしていくその時間がとても楽しくて、「体型維持は必須なのにお酒だけはやめられない」なんて笑う彼がすごく可愛く感じました。

 

彼も、スポーツが好きな私の事を良く思ってくれたようで、次のデートの時にはもう彼に告白されました

 

ジム通いやランニングデートがメイン

私達のデートは、おそらく普通の人達とは少し違い、私のそれまでのデート経験とも全く異なっていました。蓋を開けてみると、住んでいるところが近かった事もあり、基本はジムか公園が待ち合わせ場所になります。

 

広い公園をゆっくり一緒にランニングしたり時には本気のダッシュで争ってみたり、ジムに行けばお互いの気が済むまで体を動かします。

 

自然と服装に変に力を入れたりする事もなくなりました。早い段階からお互いに動きやすさ重視の服装で集合するようになっていき、私もどちらかといえばお洒落は苦手なタイプなので、飾り気のない彼とのデートは本当に気が楽でした

 

たまに映画やショッピングに行く時には、ちゃんとお互いにお洒落をするので、それもまた新鮮でメリハリがあり、自分が理想としてるデートってこういう事だったんだなあと彼のおかげで気づく事ができました。

 

カフェよりスポドリ持って公園にいく

そんな私達にとって、語らいの場はもっぱら公園です。

 

フリスビーをしたりテニスをしたり、とにかくひとしきり体を動かした後は、スポドリ片手に芝生にベタ座りしておしゃべりをする、疲れたらそこにゴロ寝したり、ちょっとしたピクニック感覚でレジャーシートを広げたり…まるで部活動しているみたいなこの空気は本当に楽しいのです。

 

付き合い始めの頃こそ「こんなデートで大丈夫?無理させてない?」なんて彼も気にしていましたが、用もないのにショッピングモールをあちこち歩いたり、カフェやホテルに入り浸ったりするより、よっぽど健全で気持ち良いと伝えてからは、どんどんお互いにやりたい事を言い合うようになりました。

 

今ではデートの時に次は何をして遊ぼうかと話し合うくらいです。

 

スケートやスキーも一緒に楽しむ

付き合い始めたのは初夏の頃でしたが、活動的な私達は冬ももちろん引きこもる事はなく…ウィンタースポーツでデートを重ねました。

 

この頃には日帰り旅行にもハマっていたので、早朝から待ち合わせてゲレンデでスキーやスノーボードをしたり、帰りは少し足を伸ばして温泉に入ってきたり…。そのまま泊まって翌日は別のゲレンデに行くなんて事もしばしばありました。

 

体育大学を出ていてたくさんのスポーツを経験している彼とは違い、私はテニスくらいしか経験はありませんでしたが、運動神経はいいほうなので、彼に教えてもらいながらどんなスポーツもクリア出来ています。

 

意外とスポーツに関して器用だったみたいで、彼もとても喜んでくれるのがまた嬉しいのです。

 

夏も冬もスポーツするので遊びには困らない

私も前の彼氏とはそうでしたが、大抵毎週顔を合わせているうちにする事が減ってきて、カフェに入り浸っていたり、どちらかの家で引きこもったりする事が増えてくるのが一般的な恋人達だと思っていました。

 

ところが今の彼とのデートは決してそうではありません。夏も冬も関係なく季節に合わせたスポーツで体を動かして、とにかくその時期を思い切り楽しみます

 

基本的にふたりともポジティブなので、デートの日が雨になりそうでも、屋内でのスポーツに早速切り替えます。

 

外で出来るスポーツと中で出来るスポーツは違い、夏も冬も季節に問われる事もなく私達のデートはいつも充実しています。

 

ボルダリングや登山、ゆるキャンにもハマる

もちろんスポーツでいつも競っているわけではありません。アウトドア派、という部類なので、外で出来る事には特に積極的に挑戦します。

 

だいたいのスポーツを経験している彼にとっても、そして私にとっても初挑戦になったのはボルダリング、登山、そしてゆるキャンくらいでしょうか。

 

ゆるキャンは特にハマっていて、今では「ゆるく」というよりは道具も揃った本気キャンプになりつつあるほどです。

 

キャンプに行った先ではもちろん体も動かしますが、それに付随して釣りや燻製作りにも挑戦するようになりました。

 

ゆっくりと時間をかけられる時はキャンプに、仕事等でストレス発散をしたい時には登山で思いっきり汗を流しながら新鮮な空気に触れて、仕事終わりに時間がある時にはボルダリング。

 

なんだかかえって忙しく思えるかもしれませんが、こんな息抜きの仕方が向いていたと気づけたのは、やっぱり彼のおかげです。

 

もちろんセックスは体力任せの激しいやつ

健康的に体を動かす日々の私達ですが、セックスに関しても積極的な方だと思います。いわゆるソフトマッチョな彼なので、どんな体位でも安心して身を任せられて、休憩もそこそこに気づくと◯ラウンド目だったなんて事も。

 

ふたりとも負けず嫌いなうえに体力もあるので、セックス中に競い合ったり、ちょっと激しめの動きもあったり

 

エロくて大人の雰囲気のセックスも好きなのですが、私は彼とのじゃれあうみたいな忙しいセックスも大好きです。

 

身も心も相性抜群な彼と付き合えた今となっては、お互いに恋活アプリは不要になりましたが、本当に感謝しています!

 

ワクワクメール

 

アクティブが多いのでメッセも早い

↓↓↓↓↓

公式サイト